企業理念

植物が惜しみなくその栄養成分を与えて実らせる果実(フルーツ)。
実りの中には種があり次につながれていくさまは、人も一緒です。
人のカラダに必要な成分をフルーツはしっかりと蓄えています。
その実りは皆様の心身に健康をもたらし日々の暮らしも実りあるものに
導いてくれるはずです。
どうぞ今日も皆様が実りある毎日をお過ごしでありますように。

Fruitful every day 弊社の企業理念にはFruitが入っております。

代表メッセージ

日本人のフルーツ摂取量は先進国において最下位という不本意な数字を
ご存知でしょうか。

野菜はみんなこぞって買うのに、フルーツを買う人はどんどん減っています。
「高い」「皮をむくのが面倒」「言うほど美味しくない」
高いのにも美味しくないのにも理由があります。

世界中にそれぞれのフルーツの産地はありますが日本のフルーツほど
農家の方の手と心が入っているものはないのではないかと思います。
年々厳しくなる天候と毎日闘いながら消費者に届けるものを護りながら作る。
キズ一つ、日本の消費者は許してくれません。

日本に輸入されるバナナはキズや形状、サイズと厳しいラインを
通過して初めて「日本向け」として認可されるのです。
世界では形状の良くないものが普通に販売され、消費者は
それを普通のものとして食べている。

世界最高峰の実りを日本の農家さんたちは作り上げるのです。
だからそこに「高さ」の理由も確かにあります。

そして旬でないものは美味しくありません。
旬の食べ物とは、どこか畏敬の念を抱くほどのエネルギーバランスで
その季節の人の身体に必要な排泄や力を与えてくれるものなのですが
「スピーディーに食べたい」現代人はすぐ口に入れられる冷凍ものや
カットフルーツに移行しています。

ドライフルーツも「スピーディー」にフルーツを摂取できる。

生のフルーツを長年扱ってきましたがドライフルーツの持つ高い栄養成分に
魅了されその開発、企画を開始しました。
機械詰めの乾燥しきった味気ないものではなく「味」と「香り」の
セミドライという事、尚且つ「産地」にもこだわる。
ビタミンやポリフェノールは生のフルーツの数倍にもなり食物繊維の宝庫。
何よりも身体を冷やさない事。ここが冷凍ものやカットフルーツに
勝るところでありドライフルーツの醍醐味であります。

ただ問題は栄養成分が凝縮されているゆえのカロリーオーバー。
バランスのとれた栄養成分をどうしたら食べ過ぎずにその優秀な部分だけを
残せるだろうかと考えたのが「&DRIED FRUIT ONE DAY®」です。
1日の許容範囲内での摂取量。1袋ずつ手作業で詰めているので
風味と食感を失わせることなく仕上がっております。

予防医学の観点から目的別に5種類に分けましたが薬ではありません。
「医食同源」日頃の食生活は医療にも通じます。日頃から食べるものは考えて
口にしなくてはいけません。
今日食べたものが未来の自分の身体になるのです。

それでもやはり旬のフルーツの持つパワーと華やかさにはかなわないと
わたくしは思っております。
本当に美味しいフルーツが持つ甘さと酸味の黄金比は必ずや人を魅了します。

フルーツの持つ香りは心にまで届くことをご存知でしょうか。
どうぞ今日も皆様のそばにフルーツがありますように願っております。


代表取締役 井野 利哉

会社概要

会社名 MARUTO  丸藤フルーツ株式会社
役員 代表取締役  井野利哉

所在地 〒371-0821
群馬県前橋市上新田町1170-1
Tel.  027-252-7656
Fax. 027-252-7667
設立 1995年7月3日
事業内容 フルーツ及び野菜の卸売
国内はもとより世界のフルーツを仕入れ
都内ホテル.関東エリアの主要スーパー.百貨店.レストランなどの飲食店への
納品業務

青果商品の加工及びパッケージング
ギフト商品のパッケージング(中元.歳暮.冠婚葬祭等)
青果商品の加工販売(季節の青果物.ドライフルーツ.ナッツ等)
所在地 〒371-0821
群馬県前橋市上新田町1170-1
Tel.  027-252-7656
Fax. 027-252-7667

沿革

昭和38年 バナナの輸入自由化に伴い、先代がバナナと出会う。
日本人の多くはまだ口にしたことのない味と食感の「バナナ」に
未来を見出しこの仕事に携わることを決意。
昭和39年 横浜の青果輸入業の会社に入社。
晴海埠頭.大黒埠頭に入港する真っ青なバナナを黄色く加工し
関東全域はもちろん新潟や長野までその営業エリアを拡げる。
昭和45年 前橋支店の立ち上げ。
積雪の少ない前橋を流通の中継点としてここに支店設立、支店長に就任。
群馬県内の百貨店.スーパー.学校給食などバナナの流通を全て網羅し
1日に39トンも出荷し県内のバナナの相場を決められるほどその主軸として活躍。
平成7年
有限会社 丸藤商事を設立。
現代表の井野も立ち上げに携わる。
平成17年 井野利哉が代表取締役に就任。
社名も丸藤フルーツ株式会社へ変更。
平成29年 新ブランド「&DRIED FRUIT ONE DAY]の考案、企画を開始。
昭和45年 前橋支店の立ち上げ。
積雪の少ない前橋を流通の中継点としてここに支店設立、支店長に就任。
群馬県内の百貨店.スーパー.学校給食などバナナの流通を全て網羅し
1日に39トンも出荷し県内のバナナの相場を決められるほどその主軸として活躍。

お問い合わせ

丸藤フルーツ株式会社
〒群馬県前橋市上新田町1170-1
tel:027-252-7656(平日10:00~17:00)
fax:027-252-7667
✉info@maruto-fruit.com
Marutoを気に入っていただけた方はぜひいいね!をお願いいたします。